【電話受付時間】9:00~18:00 メール・LINEは24時間受付中!

リフォーム・リノベーション・不動産のことならジョイフルエーケーReハウジング

無料相談受付中!クリックで発信できます!

無料相談受付中!タップで発信できます!

【営業時間】9:00~18:00 【定休日】年中無休(1月1日・2日を除く)
エクステリア・不動産事業部:毎週水曜

blog

窓ガラスの交換は必要?メリットや適切なタイミング、費用相場をご紹介します

  • リフォームお役立ちコラム

ガラスが割れてしまった!」「ヒビが入ってる!

といった窓はガラス交換を早急に行いましょう。

また、窓ガラスは紫外線や外気との温度差で劣化することがありますので、築20年、30年のお住まいの窓ガラスは交換のタイミングかもしれません。

こちらのページでは、そんな窓ガラスを交換する時期やメリット費用相場などをご紹介しています。

窓まわりのリフォームを検討されている方は、ぜひ参考にされてみてください。


窓ガラスを交換するタイミング

ガラスの耐久性は半永久的と言われますが、窓ガラスは直射日光の影響や室内外の温度差の影響で経年劣化してしまうことがあります

劣化している窓は白くくもったり割れやすくなるので窓ガラスの交換を検討いただくのが良いでしょう。

では、窓ガラスの交換に適切なタイミングは、どのような場面でしょうか。

窓ガラスが割れやヒビが!

窓ガラスの交換時期を示す最もわかりやすい目安は、窓ガラスにヒビが入った、または割れた場合です。

段ボールとガムテープで塞いでいるケースもありますが、日常生活に支障が出ることや見栄え、防犯の観点からも割れて侵入しやすいままにしておくのはおすすめできません

ガラスにひびが入ったり割れたりした場合は、できるだけ早く交換し、それ以上の損傷や飛散を防止しましょう。


窓の開けにくさ、閉めにくさが目立つ

窓が開け閉めしにくい場合は、窓ガラスを交換する時期が来ている可能性があります。

時間の経過とともに、天候や気圧の影響で窓ガラスが伸縮し、開閉しづらくなることがよくあります。

窓ガラスを交換することで、元の窓の形状を復元し、開け閉めしやすくなります。


結露やカビが発生している

窓ガラスに結露やカビが発生しやすくなった場合も、交換時期のサインです。

窓ガラスの状態が良くないと、結露やカビが発生しやすくなることがあります。

結露は住まいにも、健康にも害を及ぼす可能性があるので、気づいたらすぐに窓ガラスを交換することが大切です。


災害の後はいつもより注意

台風や竜巻などの自然災害が発生した場合、窓ガラスが経年劣化などでもともと割れやすい状態になっていると危険です。

少しの衝撃で破損する可能性があるので、自然災害後は窓にひび割れが入ってないかなどをチェックしましょう。


高機能な窓ガラスのメリット

窓ガラスを交換すると、見た目が良くなる以外にどのようなメリットがあるのでしょうか。

断熱や防音、防犯などの性能向上についてご紹介します。


断熱性能

古くなった窓ガラスを交換することで、断熱効果を高め、家に出入りする熱の量を減らすことができます。

断熱性能の高い窓ガラスは、家の中の温度をより一定に保つのに役立ち、光熱費の削減にもつながります。

防音性能

外の騒音を軽減したい場合、2枚の窓ガラスの間に特殊な中間層がある窓ガラスへの交換も手段としてあります。

単板ガラスよりはもちろん防音効果がありますが、窓サッシもセットで交換したり、内窓を設置されるとより効果的になります。

結露対策性能

アルミサッシや単板ガラスの窓は結露しやすく、やがてカビの原因になることもあります。

複層ガラスの窓や断熱性能の高いガラス、窓サッシに交換すると、結露を改善することができます。

防犯性能

窓ガラスの交換で防犯性能を高めることで、犯罪や侵入のリスクを減らすことができます

飛散防止ガラスや、ガラスとガラスの間に樹脂性の中間膜がある複層ガラスがおすすめです。


窓ガラス交換のリフォーム費用と相場

ここからは、リフォームを検討される上で重要な費用に関してご紹介します。

窓リフォームは施工する窓のサイズ使用するガラスの種類ガラスのみの交換かサッシも交換するかなどで費用が大きく変わります。

窓ガラスのみ交換する場合

窓ガラスのみを交換する場合は、約2万円~4万円/箇所が費用相場です。

断熱や防犯性能が高いガラスに交換する場合は費用が高額になりがちですが、住まいの窓をすべて交換するなどで施工箇所が多くなると、その分ディスカウントされるケースもあります


窓サッシ+窓ガラスの交換の場合

アルミ製の窓サッシは熱伝導率が高いので、結露が発生しやすいと言われます。

結露や断熱性能についてお悩みの場合は、窓サッシと窓ガラスの交換をセットでされると良いでしょう。

サッシごと交換するとなると

「窓をすべて撤去するの?」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、

カバー工法という手段で短時間で施工が可能です。

窓サッシとガラスを交換する場合は、テラス窓サイズ(幅1,800ミリ×高さ2,000ミリ)で 費用:約15万円~が相場です。


内窓(二重窓)の取り付けの場合

こちらは窓ガラス自体を交換する訳ではありませんので、参考情報となります。

断熱や遮熱などの機能向上を目的として、室内側にもうひとつ窓を設置する内窓リフォームがあります。

既存窓の内側に、断熱性能が高い樹脂製等の窓を設置することで、暑さ・寒さ、結露対策、防音に効果的です。

内窓設置の窓リフォームは、テラス窓サイズ(幅1,800ミリ×高さ2,000ミリ)で約13万円~となります。



窓ガラス交換の流れ

窓ガラス交換の流れを簡単にご紹介します。


交換箇所の寸法とガラスの種類を確認する

窓ガラスを交換するための最初のステップは、寸法と窓の種類の確認です。

窓の形状が独特な場合は標準施工では対応できないので、正確なサイズを測定する必要があります。

リフォーム会社へ見積もりのお問い合わせをされる際は、大体のサイズをお伝えいただければ大丈夫です。

お見積り作成のために現地調査などを依頼させていただくこともありますので、ご了承くださいませ。

一般的な窓サイズの参考としては、下記をご覧ください。



マンションは別で許可が必要

マンションにお住まいの場合、窓ガラスを交換する前に許可が必要な場合があります。

これは、交換工事がすべての建築基準法や、マンション内の規約を満たしていることが重要なためです。

さらに、交換が正しく安全に行われることを確認するために、専門家に確認や立ち会いなどを行うケースもあります。

窓サッシとガラスを取り外す

続いてのステップは既存の窓ガラス撤去です。

窓枠からサッシを取り外し、そのサッシから窓ガラスを外していきます

窓サッシのはずれ止めなどを確認すると、ご自身でもドライバーで外せるケースがありますが、サッシメーカーや製品によっては取り付け方が特殊なのでDIYはおすすめできません

ガラスを交換する

新しい窓ガラスに、サッシの溝にはまるようグレイジングチャンネルと呼ばれる、ゴム製の部品を巻いていきます。

その後グレイジングチャンネルがに浮きやずれが無いか、水漏れや隙間風を防ぐために適切に密閉されているかを確認します。


組み立てと最終確認

窓ガラス交換の最終工程は、窓サッシを窓枠に戻し、ガラスが十分に窓枠に収まりロックされているか確認します

交換前に使用していた窓ガラスは適切な処理をするために、リフォーム会社にて処分するケースがほとんどです。




窓ガラスの交換についてリフォーム方法、交換のメリットや費用などをご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

劣化した窓ガラスや割れたものを放置していると、飛散や怪我に繋がってしまうので早急に交換する必要があります。

複層ガラスへの交換や窓サッシも含めた窓リフォームは、断熱性能の向上や防犯、防音性能アップなどのメリットもあります。

窓のサイズやガラスの種類によって費用が大きく変わりますが、窓をリフォームすることで快適なお住まいにリフォームいただけます。

ジョイフルエーケーは札幌市・北広島市・江別市・帯広市で、数多くのリフォームをご依頼いただいています。

ぜひ、リフォーム事例もご覧ください!